本文へ移動
太陽と風と大地の中で大きくもっと大きく
大地にしっかり根をはり、その種子は綿毛となって、新たな場所でたくましく生きていく《たんぽぽ》のようにと名付けられた「たんぽぽ保育園」は「太陽と風と大地の中で大きくもっと大きく」をスローガンに掲げ、「どの子も育つ」保育をめざし、子ども自身が持つ育つ力を信頼して、発達段階に応じて支え育む保育をしています。

新着情報

 充実した保育環境のもとで、豊かなこころとたくましい体を育てます。
社会福祉法人小鳩会 たんぽぽ保育園は、子どもたちが豊かな感性としなやかでたくましい体力を身につけ、同時に子どもたち同士が協力し合い、ぶつかり合いながら集団の中で社会性を育てる保育を行っています。園で体験する多くの出会いや新しいできごとを通して、子どもたちは様々なことを学ぶことができます。たくさん体験し、明るく豊かな心と身体を育ててほしい。私たちは、そう願っています。
入園のご案内
子どもたちの毎日
たんぽぽ新聞
TOPへ戻る